ラテールギルド 百七鬼通り商店街の暫定連絡所・・・のつもりb


by kon_ron8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

百七鬼通り商店街 ~後の祭り、祭りの後~


   百七鬼通り商店街に関わった、全てのギルドメンバー様へ。

 ~ギルド解散にあたって~

 ラテールのチャットでは、うまく言えないと思ったので、こちらで私の気持ちを綴らせていただこうと思います。

 まず最初に、これまで百七鬼通り商店街で遊んでいただき、本当にありがとうございました。

 初めてのギルドマスターという事もあり、正直、至らない事も多く、最初に自分が考えていたほど思うようには出来ないものだと困惑する事ばかりでした。
 反面、自分が考えていたよりも、想像していた事とは違った意味で多くの事が出来ましたw
 今までギルドメンバーという立場から見たものとは、また違った世界観や感覚を知る事が出来、振り返ってみれば何よりも新鮮で、楽しい時間でしたw


 その時間の中で、ギルド・・・という名を持った人の集まるその場所は、なんだか一本の木のみたいだなぁと感じました。


 一本の木の下には、人が思うよりも沢山の命が生きています。
 みんな、その木に何かを求めて集まってきて、それは結果的にその木に恵みを与えて、木はさらに大きく成長します。

 いろんな生き物がたくさんいますから、中には木の恵みだけもらって、ほとんど返してくれない生き物もいます。
 他の生き物を食べてしまうものもいます。
 木を食べる生き物もいます。

 でも、それが良い事とか悪い事とかじゃなくて、きっとそれがその世界に生きる者にとって、何か分かりませんが必要な事だと思うんです。
 
 だから、木はそういうものもひっくるめて、恵み恵まれ多くの命と木自身を育てていくんじゃないかな。


 ギルドは、それに似ていると思いますw

 
 ギルドは人の集まりですから、いろんな人がいます。
 人同士、分かり合えるならそれが良いとは思いますが、・・・

実は私は、ギルドという人の集まりであっても、本当に分かり合う必要なないと思っています。

 世代が違えば、考え方や立場も違います。
 ギルドでやりたいことだって違いますし、ネトゲ以外のリアルでの趣味も違います。


 同じなのは、そこにいたという記憶だけです。
 

 どんなに違う者同士でも、百七鬼通り商店街ではない、以前に解散してしたギルドであっても、ギルドでギルドメンバーさんたちが一緒に過ごした時間、その記憶だけは同じなんです。

きっと、ギルドってそれだけのものですw


 なので、出来ればで良いのですが、


百七鬼通り商店街の事は忘れないでくださいねw



 なんだか、半分以上が学校の先生みたいになっちゃいましたね><w

 では、お粗末なものでしたが、私からの言葉は以上とさせていただきます<(_ _*)>
[PR]
by kon_ron8 | 2008-06-17 17:51 | 百七鬼通り商店街