ラテールギルド 百七鬼通り商店街の暫定連絡所・・・のつもりb


by kon_ron8
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 44 )

oいどob

いどっちを描かせて頂きました<(_ _*)>

f0072006_215553.jpg


一言で言うと、清潔感のある悪ガキって感じです。
何故だか、ちょっとドラスティックな極端な表情集にw

オクシー君同様に賑やかであり、負けず嫌いという面を含んだ遊び心というものがあります。
一件おちゃらけてるようにも見えますが、発言の機会さえあればポイントを押さえた事をスパッと言える面も持っています。

意外にと言ってはなんですが、ちょっとした混乱なら鎮められるものはあるかも?・q・

そういう意味で、やんちゃそうでありながら落ち着いたカットになりましたw


こんな感じになりましたw<(_ _*)>
[PR]
by kon_ron8 | 2008-07-11 08:50
  全てのギルドメンバー様へ

※大変長い文章になりましたので、読むのが面倒だと感じられた方は、一番下に「まとめ」を書かせて頂きましたので、そちらに目を通してください。



 この度の騒動に対する、謝罪と今後の方針について。     

 この度、事の事態を察知する事が出来ず、対応が遅くなった事、大変申し訳ございませんでした。

 彼には、しっかりと事態を説明した上で、ギルド脱退の道を選んでいただきました。
 ここに、本人の承諾は得てはいませんが、私の勝手で彼の言葉を要約してお伝えさせていただきます。


俺の発言によって、多くの人に不快な思いをさせてしまった事。
ギルドに迷惑をかけてしまった事。

すまないと思う。

正直、脱退の覚悟は出来ていた。
俺は、自らの意思で脱退しよう。

本当にすまない。


 以上です。


 次に、私からの謝罪を述べさせていただきます。
 
 今回の騒動の全ての発端は、私にあります。
 今まで掲げてきた「自由意思」。
 「百七鬼通り商店街」という名の由来である「百人の人がいれば、百通りの道理があり、街はそれを内に包みこんで築かれる」という意味を軸に、ギルドの方針を決めてきました。
 その方針理念の上で、私は彼の存在を許容し、ギルド加入を認めました。
 そして、彼を問題視する感覚に気づけずに、今回の騒動を引き起こしてしまいました。

 その事を、深くお詫び申し上げます。

 しかし、そのギルドに対する理想が私の中にある限り、私はまた、今回と同様の騒動を起こす危険があると感じました。
 そう思い、私は自らをギルドマスターとして不適格と考え、時期ギルドマスターを選んだ上で、ギルドの脱退を考えました。

ですが、昨晩その件について、その場にinしていただいていたギルドメンバー様に話すと共に、その旨をお伝えしたところ、大変嬉しい厚意のお言葉の数々を頂きました。
 その温情を受け、またそれに応える為に、不詳の私ですが、今しばらくギルドマスターとして続ける事を改めて決意させていただきました。

 本当に、ありがとうございます。



 ここで、今後のギルド方針について。
 大きな問題として、今回ギルドを離脱された方々の今後について。

 今回の事は、私の理想とするギルド象からなったギルド状態を、受け入れられないことを理由に、ギルドメンバー様達の避難を行ったものと考えます。
 先にもお伝えさせて頂いたとおり、私は今後も今までと同じ理念を元にギルドマスターを続けます。
 故に、ギルドは今回の事から学んだ事での小さな改善が徐々にはあっても、大きな変化は無いと思ってください。

 私は、あえて現在在籍して頂いているギルドメンバー様の強制脱退は行いません。
 
 帰ってきて頂いた際に、私から深く意思を言及する事もしません。
 逆に、何か伝えたい事があるのでしたら、私は聞きます。

 しかし、ギルドメンバー様本人にとって、メインキャラとサブでギルドが違うのは不便だと感じたり、inするのが気まずいと感じられるようでしたら、あくまでも自らの意思での脱退をお願いします。

 ギルドポイントの事は、気にしなくて結構です。
 「100人ギルド計画」というのは、私の酔狂な発想から生まれた自己満足の為に設定した、一つのゲームに過ぎません。

 真に私が求めるのは、ギルドメンバーという「頭数」ではありません。

 みんなが、自分が楽しめる道を選ぶ事を望みます。


 そして、これはギルド方針とかではなく、現ギルドメンバー様への私からのお願いです。

 今後、何か問題があると感じた時は、変に気を使う事無く相談してください。
 私は、理解出来る内容ならば、すぐに解決する事はできなくても、その問題に対して様々な形で向き合う事は出来ます。

 相手に何かを伝える事が出来るのは、人間の最たる美点です。

 最後に私が言う「自由意思」の「自由」とは、どこかにあるようなものではなく、常に自分の言葉と行動でもって生み出し、得るものだと考えています。
 完全な自由はありません。
 やりたい事、思う事があれば、まず言葉として形にしましょう。

 時として、暴言でなければ言葉競り合いになっても良いと思います。
 その言葉をより深く人に伝える事が出来れば、そこで始めて一つの「自由」が得られると思います。
 もしそれが、正しくない言葉であったと気づけたなら、それは逆に幸いとして正しい道への道標にすれば良いと思います。

 大変長くなりましたが、以上です。



 ま と め

・私と彼からの謝罪、ならびに彼の脱退の連絡。
・不詳の私ですが、ギルドマスターを続けさせていただきます。
・今回の件から、百七鬼通り商店街にいる事に不安感を感じられた方は、自らの意思で脱退をお願いします。
・このギルドに、まだいても良いと思う方は、いつでも帰ってきてください。
・両ギルドを掛持ち出来ると考える方は、それでも良いでしょう。
・何か問題を感じた時は、相談をしてください。伝える事を、大切に。
[PR]
by kon_ron8 | 2008-06-17 17:53
f0072006_19111560.jpg

 背景描くの何年ぶりだ?

 あ。 色塗った背景初めてだ。

 この子は機械少年の「MONO」君。
 このチョウチョの羽みたいな透明チューブと、胴長短足に見えるヘンなズボンが気に入っているポイント。
 透明チューブに流れている光発電物質によって、半永久的に可動電力を供給出来る仕組み。
 夜になると、しっぽみたいなコンセントで充電出来るとか出来ないとか……?

 勢いで描いちゃったけど、この子のいる世界の背景ってこんなんじゃなかった気がする。
 何となく、背景に塔みたいなのがあればいいかな〜、と思って描いてしまった。
 まぁいいか。 いいや。

楽描き2点追加。

f0072006_2015415.jpg

f0072006_20152250.jpg

[PR]
by KON_RON8 | 2006-07-12 19:29

斬新なミス解答

 なんだか最近忙しいな〜、と思いつつ机の引き出しの整頓をしていたらビックリするモノが出てきた。
 私が小学生の時の、算数のテストの答案用紙だ。

 点数はあんまりよろしくない。
 きっと、小学生の私が親に見せずに隠したのだろう。

 懐かしさのあまり、上から下まで眺めてみる。
 その中に、見逃せない解答があった。

「問い・百円が十枚でいくらになるでしょう?」という簡単な問いに対し、私の解答。

「じゅっひゃくえん。」

 昔の自分を殴りたくなった瞬間。

 その下に、先生からのコメントが残されていた。

「ふざけている。 −7点」

 ……あんまりじゃないか。
 −7点はイタイな。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-07-05 22:44

整理整頓

 部屋が散らかってきたので、いる物といらない物を分けていた。


 ふと、古い雑誌を手に取ってみると、

「サッカーが好き」と解答するだけで高橋陽一タイプになるフローチャートを発見。


 断腸の思い でいらない物に。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-06-29 12:28
 外タレには、とりあえずはっぴを着せろという、

暗黙の了解。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-06-23 18:12

友人のおじいさん

 今年で82歳になる友人のおじいさんが、突然煙草をやめた。

「何でやめたんです?」と聞いたら、

「あんな体に悪いもん、吸えるか」と言った。

 82歳になるおじいさんは、そう言ったのだ。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-06-18 21:49

連鎖反応

 母さんのイライラは父さんへ、

父さんのイライラはハコへ、

ハコのイライラはクオンへ、

クオンのイライラは、ノエルか 、 私へ。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-06-05 12:38

『住人』のラフスケッチ

f0072006_15442846.jpg

 妄想世界の住人が、また一人生まれた。

 軽装の女性騎士「イレリオ」のラフスケッチ。

 状況に応じて攻めも守りもこなす目から鼻へ抜ける機転の良さと奇策を武器に、思わぬ展開の早さで戦況の流れを変える事から、「奇風小妃」と呼ばれていた少し変わり種の知将。
 兜を被る為に、長い髪を一旦後ろに束ねて、Iターンして前に持ってきてピンで留めている。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-06-03 18:19

老竜

f0072006_21102087.jpg

 いつだったか定かでないほど前に描いた、老いた竜の楽描き。

 本当にいつなんだろう……。

 どこの世界なんだろう。

 とてつもなく遠くて懐かしい場所。
 歩いて五分の見慣れた場所。

 「内」から見れば、「外」はどこまで行っても「外」。
 「外」から見れば、「内」はどれだけ潜っても「内」。

 境界線はない。
 詞を無くしてしまえば、「どこ」なんてない。

 老竜は歌う。

 己の「内」と「外」で、すれ違う星々の音をその身で聴きながら。

 老竜は歌い続ける。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-05-30 12:55