ラテールギルド 百七鬼通り商店街の暫定連絡所・・・のつもりb


by kon_ron8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

老竜

f0072006_21102087.jpg

 いつだったか定かでないほど前に描いた、老いた竜の楽描き。

 本当にいつなんだろう……。

 どこの世界なんだろう。

 とてつもなく遠くて懐かしい場所。
 歩いて五分の見慣れた場所。

 「内」から見れば、「外」はどこまで行っても「外」。
 「外」から見れば、「内」はどれだけ潜っても「内」。

 境界線はない。
 詞を無くしてしまえば、「どこ」なんてない。

 老竜は歌う。

 己の「内」と「外」で、すれ違う星々の音をその身で聴きながら。

 老竜は歌い続ける。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-05-30 12:55

先輩の意見

 先輩曰く、

「アイドルになりたかったら、ヤンキーになれ」

 半分正解。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-05-14 09:36

日彫展とよっちゃん

 日彫展へ行く。

 日彫展会場には、結構私好みな筋肉の人体彫刻・彫塑がずらりずらりと並んでいて面白い。
 思わず同じポーズをとってみたりする。
 人体の他にも、イヌやら鳥やら馬、サルというのもあり、それぞれ仕草や表情に活きているものがあって面白い。
 うちのねこも、このくらい可愛ければいいのに……。

 その中で、人の頭部の彫塑が並んだ一角で目が止まった。
 それは、どこにでも居る感じの太めなオッチャンの顔だ。 けっこう出来が良い。
 そのタイトルは、

 「よっちゃん2」

 よっちゃん??
 しかも「2」だし。 ……よっちゃんシリーズ???


 右の作品のタイトル
 「記憶の断片」

 左の作品
 「決意」

 前
 「よっちゃん2」

 ………。
 何者なのだろう? よっちゃん。

 考えても仕方がないので、隣の展示室へ向かう。
 展示室に入った瞬間、私は目を疑った。

 よっちゃんだ。
 本物の「よっちゃん」がいる。
 さっきの彫塑の「よっちゃん」だ。
 言うなれば「よっちゃん1号機」、いや「零号機」だろうか?

 「生よっちゃん」 そんな言葉がよぎる。

 「生よっちゃん」は馬の彫塑をしげしげと見ている。
 「よっちゃん」は実在したのだ。
 聞きはしなかったが、私は確信している。
 あの人は、「よっちゃん」なのだ、と。


 だ、だからどうだと言うのだろう?
[PR]
by KON_RON8 | 2006-05-12 23:53

ばあちゃんの料理

 うちのばあちゃんは、どういうわけか新しく買ってきた新鮮な野菜を使わずに、長期間ガレージに放置されて、シナシナになった白菜とかを料理に使うので、ちょっと変な味がすることが多い。(控えめな表現)
 そんな、ばあちゃんの料理だが、今日は一味違った。


 午前の仕事を終えて、昼食を取りに家へ戻る。

 ばあちゃんが「今日はタケノコの煮たやつだよ」と言ったので期待して待つも、まさかの

 もはや「竹の子」ではない、立派な「竹」だ。
 放置されたタケノコも生長するのだろうか?

「なんか硬い『タケノコ』だねぇ……」

 ばあちゃんは、静かに、だが確実に「これは『タケノコ』だと主張している。


 竹……だよなぁ。 ……だって硬いし。
[PR]
by kon_ron8 | 2006-05-08 12:43

花屋のオジサン

f0072006_11243758.jpg
 天気が良かったので、花屋で良さそうな花を探してきた。

 小さいのから大きいヤツ、フワフワなのからイガイガしてるヤツ、シャキッとしてるのからダラダラしてるヤツ。。。。
 いろいろな植物があって面白い。

 ふと、周りを見て、他の客の様子を見てみた。
 その中で、やたらと真剣に一つの植物に見入っているオジサンがいた。
 何となく気になって、観葉植物の影からオジサンの見ている植物を見てみることにした。

 名前はよく読めないが、それは「木のこぶ」だった。
 花も葉っぱもない、どう見ても「木のこぶ」だった。
 ますます、わけがわからない。



 やがて、そのオジサンが店から出て行った後、その植物に付いているラベルを見た。


    「ゴールデンモンキー『金運がぐんぐん伸びます!』


 花を買う人にも、いろいろあって面白い。

 買ったばかりの、真っ赤なキャットテイルとグリーンビーズを手にぶら下げながら、そんなことを思った。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-05-06 12:13

アフターでのこぼれ話

 吹上イベントのアフターと言う事で、某ファミレスで食事をとっていた。

 最後に紅茶の注文をする時にウェイトレスの人が、
「紅茶は、ストレート、ミルク、アメリカンとありますが?」

 ……ア、アメリカン???

 一瞬、新しい淹れ方かと思ったが、どうも「レモン」と言い間違えたらしい。

「じゃあ、全員アメリカンで」と言いたかったが、お湯みたいなのがきたら怖かったので、我慢した。

 ふつうのミルクティーを飲みながら、ちょっとモヤモヤした。
[PR]
by KON_RON8 | 2006-05-02 17:38